数字自体に理屈は無い!

事業用地に該当すれば400平方メートルまでが80%引きになるのに対し、貸付用となると200平方メートルまでが僅か50%引きに過ぎません。

この差は非常に大きなもので、特に都市部の路線価が高い地域では、その影響は甚大でしょう。

とにかく、“賃貸してお金を稼ぐ”ことに対しては厳しい姿勢なのです。

が、何故400平方メートルで80%引き、200平方メートルで50%引きかと言う、これらの数字自体に特段の根拠はありません。

その証拠に割引率も限度面積も、度々の改正がなされています。

その時々の社会情勢や税収の状況等に左右されますが、とりあえず「事業」になれば、何かと「お得」なのです。

   

 - ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP