成年後見人から家庭生活を守る!

2018年4月大阪弁護士会は、「社会悪」視線を予感したのか、弁護士向けガイドラインを創設。

「本人が日常生活の中で希望が尊重されているか」・・・。

せめて「本人の希望」の尊重を。「家族の希望」の尊重は無理としても。

安定した家庭生活を守るには、成年後見の拒絶です。

家庭内に弁護士など入れてはいけません。

定期預金解約でカード普通預金化が第一歩。親名義財産を消し、できる限り成年後見回避を。

資産名義を子に移転します。過去食費何百万円を親から一気に回収。

毎月入金の受取家賃地代なんて最悪。贈与や名義借用の確認書等で税務署対応、喰い付かれる金を消しておきます。

実な弁護士さんが殆どです。でも危ない人もいます。

支援信託も専門職後見も2~3年前から・・・。いよいよ問題が噴出しそうです。

   

 - , ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP