地震でアパートが倒壊したら?

賃借人付で買った築16年の賃貸マンション。

阪神淡路大震災で倒壊し入居者4人死亡です。この時点で築31年。

周辺家屋全て倒壊なら地震の不可抗力でしょうが、周辺はそれ程でありません。

判決は、

「建築当時を基準に考えても、建物が通常有すべき安全性を有していなかったものと推認することができる」

として「設置の瑕疵」ありと認定です。前所有者から図面なしで買いました。

それが建築当時の基準での安全性不足手抜き工事だった・・・。

所有者はそんな事情など知りません。それでも建物に瑕疵があれば、所有者は無過失でも責任が問われるのです。

判決は地震が原因の半分として損害額の半分1.2億円の損害賠償を命じました。

「軽量鉄骨一部鉄筋」を「鉄筋コンクリート」と入居者に説明した賃貸仲介業者の責任は・・・?

構造表示を「間違えた」ことは「因果関係なし」

首の皮一枚?

「安全性については建築士のような専門的知識を有するのではないから、

一般に特段事情の存在しない限り調査義務は負わない」と仲介業者は賠償責任なし。(神戸地裁平成11年9月20日)

   

 - , ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP