金利消滅とは成長の消滅か?

30年後、その金利は消減しゼロ。

そしてマイナス金利。 ベルリンの壁崩壊級の「スゴイ何かが起こっている。」

これだと個人金融資産も年金もぶっ飛び、財産追求するはオロカ者。

壁崩壊も自由主義も意味を失い、時代は断絶するのか・・・?

----------------------------------

あのとき東西両営が共有したのは、自由主義を信じる高揚感だった。

人権と民主主義を尊び、誰もが分け隔てなく暮らせる新時代を期待した。

あれは幻想だったのか。今の世界を覆っているのは目に見えない新たな「壁」である。

あのとき自由主義は「勝った」のではなく、 新たな試練の起点に立たされていたのだ。(朝日新聞 2019.11.10社説) 
----------------------------------

   

 - , ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP