改正旅館新法と民泊新法!

改正旅館業法と住宅宿泊事業法(民泊新法)6月15日施行、改正建築基準法3月6日閣議決定。

最低室数は、旅館なら5室、ホテル10室です。それが1室に・・・。

旅館業法規制の構造設備、便所の数等多くが緩和撤廃です。

玄関帳場の緩和は強烈です。

まず規制改革推進会議が具体的指摘…「構造設備基準のうち玄関帳場の規制について『受付台の長さが1.8m以上』等の要件は撤廃するとともにICTの活用等によりセキュリティ面や本人確認の機能が代替できる場合は適用除外とすべき」。

厚労省はこれを100%丸飲みします。

受付台もフロント不要に。ただ緊急時に概ね10分程度でスタッフが駆け付けられるのが条件。

逆に読めば、旅館にスタッフ常駐不要。

10分程度とは徒歩で1km目安ですが自転車自動車ならより長い距離も考えられます

(ただし、自治体のほとんどはより厳しい対応を定めています)。

 

   

 -

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP