戸建住宅の旅館化、建築確認

200㎡(従来100㎡)以下旅館への用途変更は確認申請が不要になります。

旅館3階建延面積200㎡未満は条件付で耐火建築でなくても可能になります。

ちょうど戸建住宅位の面積です。

戸建住宅やビルのテナント部分の旅館化を後押しします。

では、空き戸建住宅をどうするか。

空き家のまま、戸建賃貸、民泊、旅館。

用途地域規制やコストや手続きや難易度の違いはあっても、選択肢は広がります。

旅館と聞き思い浮かべる「温泉旅館」とは別モノの戸建住宅転用「旅館」。

それでも「旅館」。「女将」なんかいない、露天風呂もない、食事もない、業務は外部委託の“元空き家”が旅館です。

空き家戸建やビルアパートからの旅館転用。スタッフは常駐せず、電話には10分でスタッフが駆けるだけの単なる宿泊施設です。

ICT活用で、カギ現物受渡しはスマホをかざして開錠。

パスポート登録や宿泊者名簿は部屋据置タブレットで。

 

   

 -

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP