当社へ事業性融資はいかが?

銀行には数字(決算書や月次試算書)だけを渡していました。

数字以外(当社の具体的事業等)は理解されないまま担当銀行員は2~3年で転勤で入れ替わりです。

建て売り・売り建て・注文住宅・売買仲介、管理・サブリースの違いも銀行員は知らぬまま。

事業性融資の時代となれば数字以外でのアピールが必要です。数字以外を積極的に説明・・・。ただ口で伝えるのは無理無駄です。

「見える化」。見えるよう書面にしなければ銀行員や支店長に伝わりませんが、説明書作成は大変です。

そこで「見える化」ツール。「経産省ロカベン」という簡単ツールがあります。

地銀等の取引先事業性融資への入口指標という意味で「ベンチマーク」です。

欄を埋めていくと説明書が出来上がります。

銀行員と対話しながら同じ目線で作成するのが前提のツールですが、社長一人で試してみてはどうでしょう。

会計事務所担当者等外部と対話しながらだとより客観的です(会計事務所は顧客サービスに使えます)。

(以下、ベンチマークマニュアルより)----————-

その作業はそのまま自社の強み弱み分析となります。業務フローについては実施内容と差別を把握し、商流は取引先と取引理由を整理し、どのような流れで顧客提供価値が生み出されているかを把握します。4つの視点(経営者・事業・環境・内部管理)に基づく非財務情報について具体的に記載し、総括として現状認識と将来目標を明らかにし、課題と対応策を明らかにします。

————–(以上、ベンチマークマニュアルより)

これは銀行(メインも新規銀行も)に働きかける武器になります。継続改訂すれば銀行側でも引き継がれ、転勤してくる新担当者に当社を理解してもらえます。事業、業務フロー、顧客が「見える化」されます。

評価理解可能な会社とそうでない会社への銀行の対応は違って当然です。

プロパー融資(保証協会保証ナシ)時代を生き抜くためです。

   

 - ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP