令和時代の住宅はAI暮らし?

いよいよ新しい時代が始まるにあたり、ソフトバンクグループの孫正義社長等、

多くの人が新時代で 注目なものとして「AI(人工知能)」をあげています。

住宅業界でも多くの企業が住居にAI技術を取り入れ、より良い暮らしを実現するような取り組みを行っ ています。

「AI(人工知能)」を搭載した住宅機器市場は年々増加すると予測されています。

富士経済の予測によると、国内で販売される住宅用機器の内、

AI搭載機の市場規模は2025年には2016年と比べ6,700倍にまで成長すると予想されています。

ニコライフエンジニアリングでは、「AI(人工知能)」 を活用して家の中を便利に自動化するシステムの

「CASPAR」が住宅に導入しています。

「CASPAR」とは、住んでいる人の生活習慣を「AI(人工知能)」によって理解し、

居住者の快適な生活環境を共に作ることができるプラットフームです。

部屋の中にいくつものカメラやセンサーを設置し、 「CASPAR」が自動で居住者の動きや趣向、環境などを常に分析・判断し、

家の中を快適な空間に整えます。

ニコライフエンジニアリングでは、人間が心地よいと感じるファクターを、経済的・安全性・健康・楽しみの4つに設定し、

それらを「CASPAR」によって実現し、快適な住まいを提供しています。

   

 - , ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP