人の負担を軽減!

「AI(人工知能)」の取り組みでは、これまで人がやっていたことを「AI(人工知能)」が代わりにやることで、

人の負担を軽減する取り組みもあります。

マンション分譲大手の大京では、入居住者の問い合わせに、「AI(人工知能)」による音声対話で答える仕組みを2020年に導入するということです。

「AI(人工知能)」を導入することで、管理人の不在時や勤務時間外でも、

暮らしに関する質問や各種届け出に対応し、高齢化と人材不足が深刻な管理人の負担程減につなげる狙いです。

当面は、「ゴミの分別方法、収集日」などの基本的なやり取りのみのようですが、

やり取りを重ねることでマンションごとの独自ルールを学習し、次第に回答できるように進化していくということです。

同社では、今後は「AI(人工知能)」と従来の管理人を分業にすることで、

管理人の勤務時間を変えずにサービスの質の向上を図ることも計画しています。

大変注目されている「AI(人工知能)」ですが、ある学者先生によると、

今から25年頃には「AI(人工知 能)」が人間を追い越す知能を持つようになるんだとか・・・?

まさに、ハリウッド映画の「ターミネーター」。 少し空恐ろしい気がしますね。

   

 -

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP