人口衰退国!

30歳の人だけがマイホームを購入すると仮定します。

50年前に187万人が生まれ、20年前にその人がマイホームを購入しました。

30年前に131万人が生まれ、その人が今年にマイホームを購入します。

売れる数は20年かけて3割も減りました。

20年前は120万人が生まれ、今から10年後にマイホームを購入します。

2018年は92万人が生まれ、30年後にマイホームを購入します。

売れる数は50年かけて半減します。

10年前は死亡数が出生数を5万人上回り、あとはずっと純増。

数だけを見れば住宅は余り続けます。 空き家問題です。

出産年齢の女性数も激減していきますから、出生率が多少上がっても人口増はありえません。

今年1年間の純減は44万人。金沢市や尼崎市、町田市クラスの人口です。

これらの地方自治体が毎年 1つずつ消滅するのと同じです。

15年後の1年間の純減は84万人(怖)、佐賀県や山梨県クラスです。

日本は「人口成長国モデル」から「成熟国」を過ぎ、今や「人口衰退国モデル」です。

(※企業の発想は数を追う「新興国モデル」のままですが・・・?)

   

 - , ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP