正直な所、拍子抜け!

通達案事前説明を受けた生保幹部たち。

生保業界と裏で握り合っている印象。(ダイヤモンドオンライン2019.4.11)

保険料1億円で解約時に85%8500万円戻る保険は、改正前は全額損金。

それが4割4000万円損金へ。ただ解約時 50%、5000万円。戻りなら改正前と同じ全額損金。

最高解約返戻率(保険料の最大何%が解約返戻金で戻るか)が50%までなら全額損金、

50%超~70%なら保険料の6割が損金、70%超~85%なら4割が損金です。

85%超には厳しく、86%なら当初10年は約2割(=1-86% × 0.9) だけ損金。新契約から適用。

既契約には遡及なしお咎めなし。これからは最高解約返戻率をMAX50%・70%・85%にします。

大同生命は保険料と返戻金の比率を指定できる新商品を7月11日に発売します。

「節税」をうたわず「保障重視」で販売します。(日経2019.7.11)。

高収益会社には簡単に高額保険が売れましたが、今後は、必要保障や財務状態コンサル必須。

新たな通達の抜け穴探しを再開。 保険節税マンは失職の危機、相続マーケットに流入します。

   

 - , ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP