敷金と権利金、礼金!

先ずは収入編です。これら3つの科目の性質については、今さら説明の必要はないでしょう。

これらは借家人が入居に際しオーナーに支払うものです。

一般論として、“敷金は退去の際には返却される”のにし、“権利金や礼金は返却されず、

返却される場合でも全額は戻らないもの”と言う認識ではないかと思います。

税務上の考え方はこれらの名称とは一切関係ありません。

どんな名称を使っても、返却不要の部分は課税され、返却される部分は課税の対象外と言うことだけです。

例えば『敷金の内、1ケ月分は償却する』となっていれば、償却分が収入で、総ては契約書から判断されるべきものなのです。

科目や名称等に拘わらずです。そうでなければ、課税されない名称を使うことにより、課税逃れが生じてしまうからです。

また、これらの項目の収入にすべき時期は、原則として契約によることになります。

但し、その明示がなければ実際の支払い日です。

もちろん期間計算等いくつかの例外はありますが、基本的にはその契約日に一括計上です。

   

 - ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP