不動産売買では買えない物件!

銀座や日本橋の老舗店舗ビル、広大な鋳物工場や鉄工所跡地等、古い法人が所有する優良物件。

100年前、先祖が個人資産をつぎ込んだ法人です。

今、株式は兄弟に、そしてイトコに分散です。株式配当は雀の涙、しかし相続評価は高く、相続税が襲います。

東京駅前、丸ノ内ホテルは1924年開業。三菱地所の東京駅前再開発エリアに場所を移しエリアの土地建物一部を保有。

三菱地所はl961年に株式を少数保有し、3割にまで増やし、2018年に丸ノ内ホテルに対しTOB(株式公開買付)、

8割まで買収。社長は三菱地所関係者に。

多数多様な株主がいたのでTOB形式なのでしょうが、実質は不動産M&A。

ある個人株主(0.35%保有)は売らないとか、大株主の子を非常動役員にするとか・・・と、実態は同族会社。

(日経産業,日刊不動産経済通信各2018.2.26)

株式会社丸ノ内ホテルは非上場ですがユニゾ同様にTOBです。

67%又は90%以上買収すれば残余少数株主の締め出し強制買収(スクイーズアウト)も可能です。

三菱地所はまさか 手荒なことはしないでしょうけれど。

丸ノ内ホテルだけでなく、日本中にある「株式会社どこどこ駅前ホテル」でも同じ問題を抱えています。

   

 - ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP