税法上の必要経費?

所得税においては、どんなものが必要経費になるのかについて要約すると次のような規定になっています。

『特別な定めがある場合の他は、その収入を得るために直接に要した費用の額、

及びこれらの所得を生ずべき業務について生じた費用の額』

となっていて、要はその収入と直接・間接に関係する費用だ、と分かります。

ここで問題は、間接とはどの程度の関連性なのか、と言うことなのではないでしょうか?

また、法人税においては、

『各事業年度の所得は、益金の額から損金の額を控除した金額とする』となっていて、

ここで損金となるものがいわゆる法人税法上の必要経費のことだと分かります。

そしてその損金は、売上原価やいわゆる損失の額以外には、

販売費、一般管理費その他の費用、となっていて、売上原価や損失以外のものが必要経費だと推測できます。

   

 - , ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP