誰が業務関連性を判断するのか?

では、業務との関連性はだれが判断するべきものなのでしょうか。

所得税や法人税、相続税や消費税と言った、自らが申告することによって税金を納める税目については、

国民が納税者と言う立場で判断することになります。

これを申告納税制度と言いますが、自らの責任と計算で申告した以上、

税務署に尋ねられればその根拠を説明できなければなりません。

実務的には税理士先生がそのお手伝いと代行をしてくれていますが、建前的には国民の行為です。

つまり、税理士先生と相談の上、お客様の判断で業務に関連性ありとの結論になれば、

経費として計上することになるのでしょう。そしてその判断の当否は税務調査で明らかになるわけです。

   

 - , , , ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP