注意が必要です!

税務調査に当たっては、これらの情報を頭に入れておけば自らその対応も予測ができるでしょう。

個人では車両は何台まで経費になるのか、家族旅行は何人までなら経費に認められるか、

家族との外食は交際費になるのか、等々・・・?

その答えは、「真実」や「実態」が何より強い・・・!

例えば車両の場合、保有台数の制限はありませんが、どれだけ業務に使用したかの割合で判断するべきでしょう。

全額は無理です。家族旅行は論外ですが、業務上の旅行なら家族と行ってもご自身の分はOK。

ただし、ついでの観光があれば、その分は外すべきでしょう。

外食は金額次第、税務署も100%の補捉は不可能です。

また、法人だからと油断は禁物・・・。

個人よりもその辺の見方が緩いのは事実ですが、挙証責任は法人にあるのです。

領収証だけでなく、手帳やメモ書き等、信憑性のある記録の保存が必要です。 

   

 - , , ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP