アパート取得での消費税還付!

アパート家賃は非課税でもアパート建物は消費税課税。

やり方次第で消費税還付が得られました。建物価格1億円なら旧税率8%で800万円。10%で1,000万円。

土地が安い田舎物件3億円。土地建物比率2対8で申告。建物税込2.4億円への消費税10%還付なら約2,200万円。

3億円中の2,200万円をすぐ回収できます。

自販機方式還付が流行りましたが禁じられ、今は金地金方式還付、イタチごっこ。

国税は今改正で根本的に穴をふさぎました。

改正:居住用賃貸建物の課税仕入れについては仕入税額控除制度の適用を認めません。

なお住宅貸付でないことが明らかな部分は従来通りの扱い。

2020年10月1日以後の居住用賃貸建物取得(仕入れ)について適用です。

ただし2020年3月31日までに締結した契約に基づき10月1日以降取得ならお目こぼし。

つまり10月完成引渡予定なら9月に前倒し。ただし3月までに契約できていれば引渡は10月過ぎてもOK。

この 「契約」には売買契約だけでなく請負契約も含みそうで すがどうでしょうか。

還付なら届出等諸手続きを進めながら、3月までの駆込み契約、あるいは9月までの駆込み取得。

前述の田舎物件3億円で2,200万円還付・・・これを自分の物件で行います。

個人所有物件の法人経営化です。

売主個人から買主法人への売買契約となり、同様物件10棟所有大家さんが全物件移せば、理屈では法人に2.2億円還付。

従来からの地主さん相続税対策での建物だけの法人化も同じに還付対象。

国も駆込み還付覚悟で改正します。期間限定。これから始まる消費税還付への最後の駆込みチャンスです。

   

 - , ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP