会社は一つとは限らない!

アパートや貸家を個人でお持ちなら、その所得は不動産所得として所得税が課税されることになります。

ところがこの所得税は負担が重過ぎるため、これを法人化して会社所有にします。

すると賃貸収入は所得税から法人税の世界に変わり、税負担も軽減できるのです。

と、 ここまでは今まで何度もお話したことですが、これでも対処できない時は・・・。 

なぜ、法人化が税務上、有利なのでしょうか・・・?

その理由は、個人の所得税は累進税率で、所得水準が高いと住民税込みで最高55%もの税率が適用されてしまうからです。

ところが、個人ではなく法人なら一定額までは定税率で、累進税率のような負担感はありません。

所得税より負担を抑えるためには、会社を設立し、個人の所得を法人に移せばいいのです。

また、個人の不動産所得では所有者一人でその所得を背負うことになりますが、

法人なら役員報酬と言う形で、”複数の人間”に分散できます。

これで上記の個人の累進税率を緩和させることもできるのです。これらが法人化する最大のメリットです。 

   

 - , , ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP