平成の不動産市場を振り返る!

平成の不動産市場は、

(1)透明になり、

(2)金融市場と直結し、

(3)プライベートからパブリックになりました。

山一證券、長銀が破綻。ハゲタカが日本買い叩く1998~99年。

「米国流(≒グローバルスタンダー ド)」が流行しました。

米国の不動産王サミュエル・セル氏。

「米国では金融危機を経て不動産がプライベートらパブリックなものに進化した」

ペプシ片手に白いシャツにノータイ。洗いざらしのジーンズ。社内はネクタイ禁止だとか。

でも投資スケールの大きさ、不動産への考え方の深さに驚愕します。

問題物件を標的に「墓場のダンサー」と呼ばれた成上り不動産王。

リーマン直前2007年2月に運営する米国最大REITを4兆円で売り抜けます。

フォーブス誌番付世界158位の大富豪。

両親は杉原千畝氏発行ビザで救われたユダヤ人。

(日経産業新聞2007.4.9) 

   

 - ,

  おすすめの記事

Copyright© 株式会社エーテルOlethⓇU , 2016 All Rights Reserved.

PAGE TOP